シネサルの「映画のブログ」

星(★/☆)の採点は、★4つで満点 ☆は0.5 ★★★★人類の宝/★★★☆必見/★★★オススメ/★★☆及第点/★★中間レベル/★☆パスしてよし/★ひどい/☆この世から消えろ

 『戦場でワルツを』 ★★★

【原題】Waltz with Bashir(意味「バシール(レバノン大統領)とのワルツ」)
2008年、イスラエル⁼ドイツ⁼フランス⁼アメリカ、カラー、1:1.85、90分、ヘブライ語&アラビア語&独語&英語(日本語字幕)
【監督&脚本&製作&声の出演】アリ・フォルマン、他
<ストーリー>
 1982年にレバノンでの戦争に従軍していたイスラエル人の監督自身が、当時の記憶がなくそれを思い出すためにかつての戦友たち等に会う様子を描いた、一部再現ドラマも含まれるドキュメンタリー的作品。
 彼らと話し合ううちに、親イスラエルバシール大統領を暗殺したPLOへの報復として、レバノン人がパレスチナ難民に虐殺を行いイスラエルが後押しした「サブラー・シャティーラ事件」に関する記憶がよみがえってきた。
<感想>
 従軍時の記憶が曖昧な監督自身がそれを取り戻そうとすことが作品の中心になっているので、イメージの曖昧さを表現するために実写映像を元にアニメ映像に置き換えた手法は狙い通り上手くいったと思う。
 特に、一部の実写映像との対比にはドキッとさせられた。
 作品の大半が曖昧な記憶を元にした回想シーンなので、戦争を直接的に明確に描いているのではないのだが、逆に記憶を自分に都合よく作り変えてしまわなければならない程の過酷な体験だったことは感じられた。
.

 『ロルナの祈り』 ★★☆

【原題】Le Silence De Lorna(意味「ローナの静寂」)
2008年、ベルギー=フランス=イタリア、カラー、1:1.85、105分、フランス語&アラビア語&ロシア語(日本語字幕)
【監督&脚本&製作】ジャン=ピエール・ダルデンヌリュック・ダルデンヌ、他
【出演】アルタ・ドブロシ、ジェレミー・レニエ、ファブリツィオ・ロンジョーネ、他
2012/08/30(木)鑑賞、WOWOW放映
<ストーリー>
 アルバニア人のロルナは、擬装結婚をしてベルギー国籍を取ることができたが、斡旋業者からロシア人との擬装結婚の話が持ち上がり、その邪魔になるジャンキーの夫が過剰摂取に見せかけて組織に殺されたことで、彼に対する情がロルナに芽生える。
<感想>
 ダルデンヌ兄弟作品は、「ありそうな話を生々しく描く」という印象があり、「映画なんだから嘘っぱちでいいじゃん」と思う私は否定的で苦手だったのだが、この作品は特に後半が、これまでの彼らの作品とは違ってドラマチックな展開になって、普通の映画を観る感じで楽しめた。
.

 『96時間』 ★★☆

【原題】Taken(意味:さらわれた)
2008年、フランス、カラー、1:2.35、93分、英語&仏語&アルバニア語(日本語字幕)
【監督】ピエール・モレル【脚本&製作】リュック・ベッソン、他
【出演】リーアム・ニーソンファムケ・ヤンセンマギー・グレイス、他
2013/11/15(金)鑑賞、WOWOW放映
<ストーリー>
 アメリカ軍で警護をしていて今は退役したリーアム・ニーソンの別れた妻と暮らす娘が旅行先のパリで人身売買目的で拉致され、彼は売り飛ばされるまでの96時間以内に娘を奪還すべくパリに飛んで、持ち前の技量を生かして犯人グループを探し、娘の居場所に迫って行った。
<感想>
 主人公がやたら頭脳明晰で戦闘能力が高く、手がかりから犯人を突き止めて行く頭脳労働が中心の前半は良かったが、犯人グループとの格闘や撃ち合いの肉体労働が中心になる後半になると、主人公の万能感が邪魔をして、撃たれても弾丸が当たらず格闘しても負けないだろうという気分で観ることになってしまった。
 強過ぎるのも考えもの。
.

 『しんぼる』 ★☆

2009年、日本(松竹)、カラー、1:1.85、92分、日本語&スペイン語(日本語字幕)
【監督&脚本&企画&出演】松本人志、他
2013/10/16(水)鑑賞、WOWOW放映
<ストーリー>
 パジャマ姿の男(松本)が目を覚ますと、白い壁と床に囲まれた場所に閉じ込められていた。
 壁と床に点在する天使のペニスを押すことにより様々なものが現れたり壁に扉が現れたりして、彼はその現象を利用して脱出を試みる。
 しかし、これら一連の現象は彼に対して修行を行うためだった。
 そして彼は力をつけていき、メキシコの覆面レスラーをはじめ、世界の様々な出来事を自在にコントロールしていく。
<感想>
 結論から言えば、頭では解るけど、体では乗っていけない。
 つまりは、脚本はともかく、演出は良くないということか?
 演出面では、松本人志の芝居がコント的なのが一番明らかなミスだろう。
 (これ以降の自作で主役から退き、『R100』では大森南朋主演にしたのも、この反省からかも。)
 この演出の問題は、次作の(『さや侍』(★☆)でも同様だったので、はたして今後克服できるのか…?

 『カイジ 人生逆転ゲーム』 ★☆

2009年、日本(東宝)、カラー、1:2.35、130分、日本語
【監督】佐藤東弥【原作】福本伸行カイジ
【出演】藤原竜也天海祐希香川照之山本太郎光石研松山ケンイチ松尾スズキ佐藤慶、他
2013/07/20(土)鑑賞、WOWOW放映
 結論から言えば、マンガ、ベストセラー小説、TVドラマなどを原作とした東宝配給作品(特にTV局が関わっていたら尚更)は、一歩踏み出す覚悟がなく、万人受けしそうな程度でまとまった作品しか期待できない(例外は中島哲也&周防正行監督作品ぐらい)という先入観通りの結果だった。
 それでも、現実離れした突飛な設定によって、現実の綺麗事(弱者は正しいとか)の化けの皮をはいで見せる面白い雰囲気は前半あったんだけど、後半はベタな作風だけの作品になってしまった。
.

 『クローンは故郷をめざす』 ★★

2008年、日本、カラー、1:1.85、110分、日本語
【監督&脚本】中嶋莞爾【エグゼクティブプロデューサー】ヴィム・ヴェンダース 【美術監修】木村威夫
【出演】及川光博石田えり永作博美嶋田久作品川徹、他
2013/07/17(水)鑑賞、NHK BSプレミアム放映
<ストーリー>
 子供の頃、自分のせいで双子の弟を事故で亡くし、悲しむ母のために弟のふりをしたりしていた男が、宇宙飛行士になって宇宙空間で事故死する。
 しかし、生前万一の時のために作られたクローンが、彼の記憶を吹き込まれて、生前の彼として目覚める。
<感想>
 冒頭のSF的雰囲気が『ガタカ』っぽかったり(兄弟の話だし宇宙が出てくるし)、現在と回想と妄想を区別せずに混ぜ込んで、現実と観念が入り混じるのは『惑星ソラリス』っぽい(妙に雨が降ったりモヤってたりするし)。
 でも、どうやらメインテーマは、肉親を亡くした喪失感をうめるという、生っぽいことのように思える。
 そして、それを前述のSF的設定い溶け込ませるために、クローン(双子含む)がオリジナルの霊と共振する説を唱える科学者を登場させたりの、(基本的にSFと相性が悪い)オカルト的設定まで用意されている。
 そんなわけで、設定とか表現スタイルなどがテーマと合ってなくてうるさく、統一感がなく頭でっかちな印象の作品だった。
 表現が説明的でないところはちょっと気に入ったんだけど。

 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 ★★

2009年、アメリカ、カラー、1:1.85、ドルビーデジタル/DTS/SDDS、111分、英語(日本語字幕)
【原題】"This Is It" 意味:これがそうだ。
【監督】ケニー・オルテガ
【出演】マイケル・ジャクソン、他
2012/10/22鑑賞、WOWOW放映
 マイケル・ジャクソンの急死で中止になったコンサートのリハーサルを撮影した映像を中心にまとめた作品。
 観に行く予定のなかった私とは違って、コンサートを待ち望んでいた人には格別だろうと思われる作品。
 以上。