シネサルの「映画のブログ」

星(★/☆)の採点は、★4つで満点 ☆は0.5 ★★★★人類の宝/★★★☆必見/★★★オススメ/★★☆及第点/★★中間レベル/★☆パスしてよし/★ひどい/☆この世から消えろ

『東京彗星』★★

2017年、日本、カラー、1:2.35、日本語、29分

【監督】洞内広樹

参照リンク:

https://www.tokyocomet-short.com/

https://www.ashitanoshow.tv/blank-19

2019/11/05(火)04:00放送、25分、TOKYO MXTV、2019/11/05(火)鑑賞

【ストーリー】
 1年後の2022年に東京に彗星が激突することが判り、人々は逃げ出して、東京には避難できない人とあえて残る道を選んだ人たちがわずかに残るだけの無法地帯になった。
 小学生のショウは、1人学童疎開で岩手に行ったが、失業して気力を失って東京に残った唯一の家族の兄のソラが気になり、予定日の直前に1人東京に戻る。
 ショウは出会った老人に助けられソラと再会して、2022年4月1日の彗星衝突を迎える。
 3人は、爆風や大津波から生き残り、老人は去って2人の兄弟は東京で生活をしていた2022年6月、東京を震源とする大地震が日本全域を襲うとの警報が鳴った。

【感想】
 オリジナルは29分らしいが、放映されたのは25分。
 カットされたのと、低予算のために大災害のそのものズバリの描写を描くことはできないなどの理由で、ところどころ端折られてあるべきシーンが抜けている印象を受ける。

 スペクタクルや群衆の映像は撮れないとはいえ、ニュース映像やSNSの画面を作って挿入したり、ひとけのない街の映像などの非常事態をイメージする様々な映像を挿入し続けり、既存の手持ちカメラを小刻みに動かしたり逆光を多用したりノイズっぽい音を流し続けたりして緊張感を高めたりの数々の工夫で、低予算を感じさせないことは上手く出来ている。

 疎開先か東日本大震災の岩手だったり、ラストが(東日本大震災の発生日時を連想する)2022年6月22日の深夜2時46分だったりで、首都直下地震を意識したストーリーになっていて、そんな事態になった時の人々の行動を予想して映像化して見せた作品。

 科学的に変なこととか、「そんな行動するか?」とかの細かいことはいろいろ指摘できるが、気にしなければ「まとまりのある作品」にはなっていると思う。

『still dark』 ★★

2019年、日本、カラー、1:2.35、日本語、40分

【監督&脚本&出演】高橋雄祐

参照リンク:
https://www.ashitanoshow.tv/blank-78

2019/10/22&29(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2019/10/29(火)鑑賞

【ストーリー】
 盲目の青年がレストランを訪ね、店のナポリタンが美味しかったから料理人になるために働きたいと言った。

 店主は、1か月後にパスタの試験を行い、合格なら雇うと言った。

 それまで、研修として厨房で働き、当初失敗していた洗い物や下ごしらえの仕事もこなしていき、先輩の料理人とも仲良くなって、閉店後に彼からパスタ作りを教わった。

 試験の日になり、青年は最後に仕上げで失敗し、別のレストランを探すことになった。
【感想】

 作品の特徴は監督の前作『Drum boy』と同じ。

 即ち、

  (1)会話の芝居を見せることが中心

  (2)ストーリーはシンプルで、速く展開はしない

  (3)映像の緊張度と安定度が高い

 (1)のように、主人公と先輩の2人が意気投合して楽しそうにやりとりする様子を描くことに一番尺を割いている。

 でも、楽しそうな2人自身の気持ち程には、傍で見ている私には楽しさを感じられず、登場人物たちの気持ちとの間のギャップが大きかった。

 すぐに仲良くなってずっと仲良くしているので、例えばその関係が悪くなったりしてドラマチックな展開にしていたら、もっと入り込めたかもしれないと思った。

『Drum boy』 ★★

2017年、日本、カラー、ビデオ、1:1.78、日本語、15分

【監督&脚本&出演】高橋雄祐

参照リンク:
https://www.ashitanoshow.tv/blank-78

2019/10/22(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2019/10/22(火)鑑賞

【ストーリー】
 自信家の画家の男が、友人のドラマーの男の部屋を訪ねた。
 画家は、人前で演奏しないドラマーにハッパをかけ、2人は酒を飲んで画家は新作の画を置いて帰った。
 後日、病気で死を覚悟した画家が最後のメッセージを残す為に来たと知ったドラマーは、スティックを手にした。
【感想】
 2人の男が酒を飲みながらの芸術談義をする話で、おそらく作者自身にそんな体験があり、想い入れがあって映画化したのだと思う。

 でも、それを第三者である私が観ると、ストーリーに対しては「世界のどこかで起こっても不思議ではない話」程度の想いしか抱けない。

 そのギャップが埋められたら良かったと思うが、ストーリーはシンプルでドラマチックな要素は少なく、作風は良く言えば渋く悪く言えば地味なので、作品から迫る感じが足りなかったかな?

 2人の芝居を前面に出して、映像的には余計なことをせず武骨に撮っていることで、緊張感と安定感が高い作品になっていたのは良かったが。

もみじの約束 ★★☆

2019年、日本、カラー、ビデオ、1:2.35、日本語、20分

【監督&脚本】朝比奈徹

【出演】武田玲奈、古賀哉子、染野有来、他

参照リンク:

https://www.ashitanoshow.tv/blank-77

https://www.facebook.com/momijinoyakusoku/

2019/10/15(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2019/10/15(火)鑑賞

【ストーリー】

 父親の事業が失敗して退学して遠くに引っ越しすることになった女子高生と、「ずっと友達」という「もみじの約束」をした2人の友達が、未納の授業料を払うために大金を得る仕事を紹介された。

 女子高生3人は、預かった3千万円を持って取引場所に行くと、そこに警察の押収物を横流ししている刑事の男と、クビになった元同僚でその金を横取りしようとする探偵が現れ、相撃ちになって2人とも死んでしまう。

 3人は、受け取り手のなくなった金を横取りすることにし、2人の死体を埋めて隠し、そして…。

【感想】

 地方が舞台の青春映画のような始まり方をするが、その後に数分おきに「非行映画」「スリラー」「犯罪映画」と作品のジャンルが変わっていく驚きの展開で、「良い意味で」小バカにされたような気分になるところが見どころ。

 制限の多い短編映画で面白くするためのアイディアだと思うが、むしろ長編映画では出来ないことをやっていて、ナイスアイディアだと思う。

 まぁ、何か後に残るようなことはない、軽い作品なんだけどね…。

 だから、死体の運搬方法は?とかの疑問点があっても気にする必要もないのよね。

イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ ★★

2015年、アメリカ、カラー、ビデオ、1:1.78、字幕、英語、66分

【原題】Isabella Rossellini's Green Porno Live
【監督】ジョディ・シャピロ

参照リンク:https://www.imdb.com/title/tt4518176/

2016/07/02(土)07:00放送 WOWOW 191、2019/10/12(土)鑑賞

【内容】

 女優のイザベラ・ロッセリーニは、動物好きが高じて大学で勉強し、生殖行動を自ら動物に扮して紹介するTV番組「グリーン・ポルノ」を作った。

 それが好評になり、番組を元にしたパフォーマンスを世界各地で行った。

 その様子を追うドキュメンタリー。

【感想】

 動物の生態を紹介するドキュメンタリーなら多数存在するが、「グリーン・ポルノ」は女優の目線で作られたので、「表現でひきつける」ことがポイント。

 「ポルノ」というタイトルや、下ネタっぽい見せ方や、紙製の着ぐるみやセットなどのチープな見せ方をしているのも、生物に対して特に興味がなくドキュメンタリー番組すら見ようとしない人の注意を引くことには有効そうだ。

 チープな小道具で1人芝居のようなパフォーマンスをしながらのツアー活動も、稲川淳二の怪談ツアーをほうふつとさせる。

 彼女自身が充実感を持っていそうなのは良い。

『おべんとう』 ★☆

2016年、日本、カラー、ビデオ、1:1.78、日本語、22分
【監督】 板橋基之

 参照リンク:佐藤懐智佐藤懐智

https://www.ashitanoshow.tv/blank-76

2019/10/08(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2019/10/08(火)鑑賞

【ストーリー、ネタばれ有り】
 新人の会社員の男は、独立するまで親の作る弁当で育ち、今では弁当が好きになっていた。

 退職する先輩の女の仕事の引継ぎのために彼女と2人で外回りの営業に出て、気難しい箸職人相手に弁当への愛情で乗り切った。

 仕事終わりに2人で居酒屋に行き、終電が終わって泥酔した女を彼女の家に連れて行ってそこに泊った。

 翌朝、二日酔いに苦しむ女を見て、男は彼女が好きだと言っていた母親が作った甘い卵焼きの弁当を作ってやり、昼食でそれを食べた女は亡き母を思い出して男の前で号泣した。

 後日、男が弁当を作って女の家に行くと、既に引っ越した後だった。
【感想】

 弁当を通してドラマを見せる作品と思って観たが、そのドラマがハッキリと描かれなかったり(生い立ちのシーンは家族の台詞をバックに様々な弁当が映るだけだったり)、食べ物や仕事やプライベートと話題が次々と跳んだりして、気持ちを集中できずモヤモヤした気分で観た。

 観終わって、どうやら弁当そのものが主役扱いなのかもと思い直したが、それにしては弁当への時間配分が少なくなってしまって、作る映像が卵焼きだけだったりするのが寂しい。(見た目の美しさを重視していただけに)

 短編だと時間が限られるから、こんな風に物足りなさを感じたりしないようにするのは難しいのかも。

『走馬燈屋の退屈』 ★★

1999年、日本、カラー、8mm、1:1.33、日本語、20分
【監督】佐藤懐智佐藤懐智佐藤懐智
参照リンク:佐藤懐智佐藤懐智

https://www.ashitanoshow.net/blank-47

https://www.youtube.com/watch?v=Aik5hyE0UjU

 2019/03/19(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2019/03/19(火)鑑賞
【ストーリー、ネタばれ有り】
 死んだ人間に走馬燈を見せてあげる走馬燈屋の女の前に現れた死びとの男は、子供の頃に空き地の廃棄冷蔵庫に女の子を閉じ込めた後どうなったかが気になって、知りたいと走馬燈屋に懇願した。

 自分の仕事に疑問を感じていた彼女は、規則を破って男の記憶の世界に行って応えることにした。
【感想】

 映像の力で観る者を惹きつけようという意図が、冷蔵庫のシーンあたりで感じられた。